「ほっ」と。キャンペーン

祝・検査結果

昨日、12月15日、陽太君の血液検査に行って参りました。
来週まで延ばそうかとも思いましたが・・・・


なぜ、迷ったかというと、
実は、12日に陽太くん、突然、思いっきり吐いたのです。
未消化の食べ物は全くなく、出てきたのは・・・・ウールの繊維でした・・・・。
『な!!なんじゃこりゃ!!』
慌ててこれは何なのかと、探し回りました。
なんだか、見覚えある配色・・・・・
「母さん!あのセーター!持ってきて~~~」

母のセーターに大きな穴があいておりました・・・・。


今までも、ビニールやら紐やらじゃらしの先っぽやら、
いろんな物を食べてくれた陽太くん。
言い訳じゃありませんが・・・・
食べたのは、夜中にカーテンをかじられた事を除けば、
全て、私の留守中・・・年老いた両親のうっかりが原因です。

絶対に布やビニール、おもちゃは、出しっぱなしにしないでね!・・・と強く言ってますが、
やはり、ついついウッカリその辺に置いたまま忘れる様です。
年齢的なこともあるし、性格もあるだろうと思います。
歴代の猫に、異嗜の子がいなかったせいもあると思います。
私がものすごく神経質なのもあるでしょう・・・。
わかってはいますけど、正直・・・・この件では両親には腹が立ちます・・・。
気を付ければ、十分防げる事なのに・・・。


そんなこんなで、セーターの繊維は便に混ざって少しずつ出てきたものの、
はたして、全部出ているのかわかりません・・・。
うんPの中からセーターを取り出し、洗って広げて
食べられて開いた穴のサイズと比べてみても、
なんだか、まだ、お腹に残ってる気がします・・・。

先週も、先々週も、異物を食べている事が、
アミラーゼ数値に影響するはずなので、正確な膵臓の数値を
把握できないと判断して、検査を見合わせました。
今週こそは!と思っていた矢先だったので、ショックでした・・・。

結局、すごく迷いましたが、尿の検査もしたかったので、
思い切って病院へ連れて行きました。
詳細を先生にお話し、毛救除去剤を飲ませた事なども説明しました。
先生に、逆に、今計れば、お腹に残っているかどうかの可能性が分かる・・
と言われ、ああ、なるほどネ・・・と思いました。

で・・・・結果です。
な~んと、アミラーゼもリパーゼも、やっと正常値範囲に突入です!
正常範囲内でも、やや高めではありますが、それでも・・・
やった!!やった!! よかったぁ~!!

ず~っと、外分泌のアミラーゼ数値が異常に高く、
前回の検査と、その前の検査では、
2回とも、アミラーゼ数値は不明でした。
不明・・・・つまり、数値が高すぎてその計器では計れない・・・
いわゆる、針が振り切ってる状態でした。


先生は、最初から異嗜が関係していたのかもと仰ってました。
全く無関係だとは思いませんけれど、
陽太の様々な症状は、どれを調べても膵臓疾患のそれでしたので、
単なる異物が犯人の腸炎ではないと思います。
それに、前回と前々回の検査の時は、異物は入ってないはずでした。
が・・・・反論や意見するのは止めておきました。説明が面倒だから(笑)
先生は、ず~っと処方食を食べてると思っているに違いありません。
10月末頃から、手作り食に切り替え、ビタミンを強化していた事は、
今回はお話しませんでした・・・説明がチョー面倒だから(爆)

アミラーゼが異常な数値を示してから
今回、許容範囲になるまで、かれこれ3ヶ月かかりました・・・。
一ヶ月半、薬でも処方食でもダメでした。
陽太君の様子も、哀れでした。
思い切ってゴハンを変え、ホメオパシーを処方してもらいました。
1週間で便の状態が驚くほど変わり、
2週間程で食後の陽太の様子が変わり、
そして今回、数値が変わってくれました。
ゴハンとホメオパシー以外の事は、なにもしていないので、
陽太には生肉中心の自然食とホリスティックなアプローチが良く合ったのだと思います。

以前、ちゃおに使ったときには、
効果の実感がなく、少し疑ってかかっていたホメオパシーですが、
今回は、驚く程反応したみたいです。
効果なくてあたりまえ・・・くらいに思っていたのですが・・・。

とにかく、とにかく、
嬉しい、嬉しい検査結果でした!
陽太君、頑張ったね!!
つらかったよね~。
頑張ってくれて、有難う!

あとは・・・・・ゴハン以外の物を、ガブカブ、ゴックンするのは止めてね・・・・。頼むよ・・・。
b0006801_1853198.jpg

b0006801_186854.jpg

・・・それは確かに生ものだけど、食べ物じゃないのよ・・・・


b0006801_1864863.jpg


・・・・・・・・・・(-_-)




《追記》
陽太君、体重4.1キロでした・・・ちゃおちゃんよりデカくなっちゃいました。
尿検査、異常なし。ちょっとだけ結晶のかけらかも・・・がありましたが
猫は、健康でもPHによっては結晶が出たり消えたりするので、
問題なしの範囲でした。でも、用心に越した事はありません。
引き続き、チェックします。
[PR]

by tsukishimo | 2007-12-17 12:47 | 陽太