困ったときの・・・。

ちゃおさんの『カリカリちょ~だい!』病から、2週間経過しました。
悪戦苦闘の末、おとといあたりから生肉オンリーが条件で
食べてもらえるようになりました♪

今思うと、その日は尿pHが高めだったので、
焦りまくって思わずおしっこを持って尿検査。(ワクチンの相談もあったんですけどね・・・)
案の定、おしっこに結晶が・・・。
膀胱炎になってしまうと抗生物質治療になる→免疫が下る→心臓の不安が・・・。
なんて、ビビってしまってついつい言われるままに処方食のカリカリだけを
何日も続けて食べさせてしまったのがいけなかったような気がします。
処方食+おやつにお肉にして、生肉を継続しながら、再度メニューを検討するべきでした。
健康な子でもpHなんてクルクル変わるし、アルカリに傾けば自然と
結晶化するのも分かってたはずなのに。

前回、生肉を口にしてくれるまで半年以上かかりました。
今度もまた、半年かかるのかと凹みましたが
生肉は食べ物だという認識は変わってなかったようです(ホッ)
とりあえず、半年かからずに第一段階はクリアしました(笑)

今日は鶏肉もも(皮付き)を20グラムほど食べてくれました♪
それでは足りないので、最近見つかった、唯一食べてくれる猫缶、
ア××ラのを20グラムほど追加。
私的にはこの猫缶、あまり好きではないんですけど、
猫缶はこれしか口にしてくれないので仕方ありません。

こんな気難しいちゃおさんでも、なぜか一部を除き、サプリメントは平気です。変な子ですね。

なかでも、大好物のサプリメントはSYMBIOTICS社:コロストラムプラス
カプセルを奪い取って食べようとします(笑)
ちゃおが小さい頃、コロナウィルス抗体価が高かったり、血便したり、いきなり体力が落ちて
通院したり、なかなか体重が増えなかったり・・・・追加ワクチンも受けられる状態じゃない。
ウィルスも怖いし、抵抗力がないと困るし・・・・。そんな時、ホメオパスさんから勧められました。

人間用の初乳サプリメントですが、コロストラムプラスなら動物でもOKだそうで・・・。
(ただ、使用量をちゃんと考えての上です。濃度を高くしたシリーズは動物には×)
おかげさまで、特に大きく体調を崩すこともなく切り抜けました。

最近は使ってなかったけど、今回は色々と活用させてもらってます。
食いつきが悪いときに、ほんの少し(耳かき一杯分くらい)お肉にかけると
とりあえず食いついてくれます。
歯磨きレッスンしてますが、これをほんのちびっとブラシに付けると
抵抗無く、ブラシを舐め舐めカミカミしてくれます。

あと、ペット用マルチビタミンのActiPet
これも、ゴロゴロ言いながら、チュアブルをそのままモリモリ食べます。
表示を見るとキャットニップが入ってました。どうりでね~。
う~ん、気にならない訳ではないけど、他にビタミンB関係の
良さそうなものが見つからないので、しばらくはこれで・・・・。

サプリメントに関しては“これには目が無い!”ってものがあって良かったぁ~。
食事だけでは、AAFCO基準値をクリアするのは難しいようですし・・・。
困ったときのサプリメント頼み・・・です。(笑)
[PR]

by tsukishimo | 2007-07-07 00:26