おしっこトラブル&ワクチン

先週は、めちゃくちゃ体調が悪かったのです。
原因不明。 更年期障害か??(笑)
頭痛はするし、耳鳴りもするし、だるいし、微熱が下らないし・・・。

なんて事は言ってられないのです。

ちゃおちゃん、ストラバイトが出ました!!
pH試験紙を使ってこまめにチェックしてたけど、
どうもpH7前後から下らないので、
念のためおしっこを採って病院へ検査にだしたら・・・・
はぁ~、ため息です。 出てたみたい。 小さな結晶・・・。

また、あの処方食かぁ~。
膀胱に炎症は見られないし、ストラバイトも軽いので
お薬までは必要ないようです。

ウォルサムのpHコントロールを出されました。
逆らってもしょうがないので、一応買ってきたけど、
実は食べさせてません。吐くから。

生肉に野菜をほんの少しと、サプリメントを振りかけて食べさせてます。
水分を沢山取れるように、鶏ガラのスープをかけてます。
お肉がひたってしまうくらい。 生肉のつゆだく。
今までは猫缶なんかも食べさせてたけど、今回は連日手作りオンリーです。
今日で4日目かな。 完食しない時もあるけど全く食べない事もないので心配してません。
そして、おしっこの回数が増え、ph試験紙も6.5くらいのレベルに下っきてます。
生の肉はアルカリおしっこを酸性するらしいけど、本当ですね~。
すごいです、生肉パワー。

で、もう一つ悩んでたのは、ワクチンです。
過剰に摂取したくないけど、でもパルボだけは怖い・・・。
カリシや猫風邪で致命傷になるとは思えないけど
パルボウィルスだけは死んでしまう確立が高すぎる。
しかもウィルスが強力で消毒しない限り、家の中で4~5年生き続ける。

一方で、パルボのワクチンは猫の腎臓を攻撃して弱らせるという意見もあるし
1年で抗体が消えてなくなる事はないとの意見もある。
パルボの抗体が1度の接種で7年間消えなかった事例もあるとの事。

ただ、それぞれの猫達の生活環境が違うので、全てを言葉の通りに
鵜呑みにするのもどうかと・・・。

きっと固体や環境で違ってくるのだと思う。
同じワクチンでも免疫を造れる子、造れない子、などなど。
本当はちゃんと免疫を持っているのかの検査システムがあると
いいのだろうけど・・・。

結局、死のウィルスに無防備になるリスクのほうが怖いので
昨日、3種混合ワクチンを打ってきました。
何を使うのか聞いたところ、パナゲンとの回答でした。 
悪性腫瘍の原因になっているのでは・・・と言われる『アジュバント』が
配合されていないので、比較的安全な部類に入るのではと思います(全くの私見ですが)。
フェロバックス3よりはパナゲンを使ってもらうほうが良いので、
そのままお任せして接種してもらいました。
最近はフェロバックスを使うところがかなり多いようです。
フェロバックスの方が予防効果が高いとの話ですが
一方では副作用やアレルギーを発症する子がパナゲンよりも多いとも・・・。
ただし副作用の症例に関しては、フェロバックスが市場に出回っている数が
パナゲンよりも多い、という事も考慮する必要があるかと思います。

それにしても、ワクチンの種類って飼い主が選べるのかなぁ。
たまたま、今回は許せる種類だったから良かったものの・・・。
それでも、来年は多分しないかも。1年半~2年後にしようと思ってます・・・。


b0006801_2116597.jpg

                 『注射されちゃったのぉ・・・』
[PR]

by tsukishimo | 2007-06-11 21:18 | ちゃお